2006年01月15日

コクヨがゲームに参入、今年のゲーム業界の流れは?

2005年の年末商戦で、ニンテンドーDSの大ヒットは予想を超えるものでしたね!

こちらのコラム「松嶋菜々子「脳年齢」56歳!あなたの脳年齢は?」でも取り上げました!

nintenndo.png

DSは2004年12月の発売以来の累計販売台数が1000万台を突破し、
日本では500万台に達した・・・といいます。

今年も成長分野としてゲーム業界は目が離せないでしょう。



そこで、今日は3月発売予定のこちらをご紹介。

コクヨから発売になる新商品ソフト

「ビズ体験シリーズ 起業道」
 (5040円)

起業や会社経営に関する知識を学べるという。


kokuyo-kigyoudo.jpg


「ビズ体験シリーズ 起業道」の特長  (コクヨニュースリリースから転用)

1.疑似体験をしながら自然に学べる

登場人物のやりとりやシナリオに盛り込まれたエピソードから、
ビジネス知識やノウハウを自然に学ぶことができる。
起業前から起業後のプロセスをカバーしているのが、本ソフトの特長。  

2.いつでも気軽にプレイできる

シンプルなキー操作だから、ゲームが初めての方でも簡単。
厳しいビジネス社会が舞台となり、ひとつひとつの選択によって
エンディングが変わるマルチエンディングストーリー。  

3.個性的なキャラクターに囲まれ

ショップオープンからスタートし、ビジネスを拡大させていく主人公が、
数十年の年齢を重ねる設定となっている。
親しみの持てるキャラクターからゴージャスなキャラクターまで多彩な顔ぶれにより、
変化に富んだ人間関係を築き、ストーリーはドラマチックに展開していく。



上流・下流、社会の格差などが取りざたされ、勝ち組を目指す企業家ブームが追い風になり、
注目のソフトになるか。

また、ゲーム感覚で、ビジネスを学ぶというのも新時代の流れか・・・

あなたも、いずれは、あの ヒルズ族の仲間入りに!

ただ、どうして、対応機種が、DSではなく、PSPなのか。
この発売のタイミングなら、DSブームに乗る方が得策のように思えるが・・・

今後、コクヨは、製造業や卸売業の専門知識を学ぶゲームソフトも投入していくという。

posted by akemin at 16:47| Comment(2) | TrackBack(1) | IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
脳鍛えるには良いかも!
DSの入手がかなり困難みたいですよ!
ワシ年寄りも脳・・トライしましたがジャンケンで断念!
Posted by ys at 2006年01月16日 22:24
>ysさん、こんばんは。

そうですよね。DSの人気は1月5日に、『「ニンテンドーDS」品切れのお詫び』という
異例のプレスリリースまで発表された程でしたね。
任天堂自身、予想を超える需要だったようです。

「脳を鍛える〜」はトライする度にいきなり20歳も違ったりして、楽しめます!
Posted by akemi at 2006年01月17日 01:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11726533

この記事へのトラックバック

ビズ体験シリーズ起業道PSP
Excerpt: 大手文具メーカーコクヨがゲーム事業に初参入する 「ビズ体験シリーズ 起業道」PSPゲームソフトは、 広告代理店に勤める29歳の男性サラリーマンが主人公。 青年実業家に成長した後輩を見て一念発起、小さな..
Weblog: 噂の情報屋
Tracked: 2006-02-25 19:07
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。