2006年02月14日

バレンタインデーで思う複雑な気持ち・・・

オリンピックを観ながらふっと気づくともうとっくに14日。

バレンタインデー!揺れるハート

中学生までは、ひとつのチョコの重みにとってもドキドキしていた日。

高校から大学生くらいは、すこし大人になって本命チョコと、幾つかの義理チョコ。

社会人になってからもその構図は変わってないのだが、
「義理チョコ」といえば、以前こんな事があった。

人数が多かったので、女性陣でまとめて制作スタッフの男性陣に
義理チョコを送る事になった。

ところが、いざ集金・・・というところで、
Sさんが、「Mさんにあげるのなら、私は人数にいれないで。」というのだ。

義理チョコでも、自分の気持ちの一部が嫌いな相手にいく事は許されない!と言うのだ。

大人気ない・・とも思ったが、彼女の言い分にも納得がいく。
嫌いなら義理チョコでさえ、あげなきゃいいのだ。ふむふむ・・・


すると、Yahooにこんな記事が・・・

「 「チョコレート受け渡しの習慣なんかなくなればいい」というOLは70%

サラリーマンも50%がそう感じていることが、インターネットで情報提供を手掛ける
アイブリッジ(大阪市)が実施したバレンタインデーに関するアンケートで分かった。」

そうだ。

女性はわからなくもないが、男性も半数がねぇ・・・

私は、お世話になっている方に意思表示できるいいコミュニケーション手段
だと思うのですが・・・。

そう、年賀状と同じ感じ・・・

今日持っていく幾つかの義理チョコをみて、複雑な心境・・・

そうだ、「義理チョコ」と呼ぶのをやめて、 「お世話になってますチョコ」と呼ぶのは
どうでしょう??



posted by akemin at 02:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このニュースが報道された当時、木村太郎さん(フジテレビ)が「付き合いが合理的になってきたと言うことでしょう」と言われていました。
確かに「自分にとって今必要な人としか付き合いをしない」というのにも一理あります。
しかし、人間と言うもの、いつどこで誰にどんなお世話になるか分かりません。
ですので、ある程度付き合いの幅は広げておく必要があると思います。
いざと言うときに備える意味で(『危機管理』に通ずる箇所もあります)。

クラス会の幹事で今苦しんでいる私には「年賀状の一枚位、毎年出しておくべきだな」と後悔しております(-_-;)


Posted by けんじ at 2006年02月28日 19:26
>けんじさん、コメント有難うございます。
「自分にとって今必要な人としか付き合いをしない」というのも、
ある意味楽なのかもしれません。
でも、最近実感した事なのですが、いざという時手を差し伸べてくれるのは、
意外に普段はあまり付き合いは無い古い知り合いだったりするんですよね〜

クラス会で人脈の輪が広がるといいですネ!
Posted by akemin at 2006年03月03日 01:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13258485

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。