2006年04月08日

はらはらと散りゆく桜に心動かされ・・・

「花の命は短くて」
桜の花びらが舞いだしましたね。またそれも美しいのですが。

sakura1.jpg sakura3.jpg 

近所の公園の桜です。(数日前のものですが・・・)

在原業平が詠っています。

“世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし” 

古来から人々が、サクラという花にどれほど心を動かされていたかが
うかがい知れます。

日本人にとって、どんな美しい花よりも、「桜」という花は心のエッセンス、
特別な花かもしれません。すでにDNAに組み込まれているような。

だからこそ、いつ見ても懐かしく、ほっとするのかも。

画像マック 237.jpg 画像マック 244.jpg 

こんなことわざがあります。

「明日ありと思う心の仇桜」

〜明日が有ると思っていると、桜の花のように夜半の風ではかなく散ってしまわないともかぎらない。今日の機会を失うなという戒め。 仇桜とは、儚く散る桜の花の意味 〜

心しておきたいと思います。

画像マック 253.jpg

桜の花言葉は、 「優れた美人」
あやかりたいもの。

はかないがゆえに、その美しさが際立ち、恋しく、待ち遠しい。

来年の桜のシーズンには、どんな自分が「優れた美人」を見上げているのやら。
posted by akemin at 13:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちの家の裏を流れる川沿いにも桜並木がありますよ。
しかし、ここ最近は散った花びらが雨どいに詰まって困っています。
道路や庭先も同じように花びらだらけ。

でも、春の訪れを告げてくれる桜には感謝しております。
桜が咲くのを見て春を実感し、やる気を起こすのが毎年の私。


【追記】
アイフル問題により、消費者金融の株価が軒並み下落していますね。
この問題の大きさを知りました。
Posted by ゆうこ at 2006年04月14日 21:41
>企業というのは、表面的な部分では判断できませんね。
企業が開示する情報でしか判断するすべがない個人投資家にとっては、
他の企業に対しても不信感が募るばかりで残念としかいいようがありません。
Posted by akemin at 2006年04月16日 00:56
積極的な情報開示が求められるのは当然ですよね。
もっとも、虚偽情報を提示されてはたまったものではありません。

そう言えば、アスベスト問題で世間を賑わせた?クボタが独自の補償案を提示しました。
株価は下落しましたが、私としてはあの程度で収まって良かったと思います。
あのまま裁判にもつれ込んで、問題解決まで時間がかかればより大きなダメージをクボタが受けることになると思います。

世間は今回のクボタの対応を評価したのではないでしょうか?
Posted by ゆうこ at 2006年04月19日 17:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16303276

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。