2007年01月19日

恐るべし・TVのチカラ

先日、某番組で紹介された

「食べてヤセる!!!食材Xの新事実」。

その次の日から、スーパーのそれの売り場がからっぽ・・・

それは、以前から我が家の食卓には欠かせないモノだったので

この現象で多大な迷惑をこうむる事になるのです


その、 「食べてヤセる!!!」食材とは??

ぴかぴか(新しい)
そうです。納豆です!

その番組によると

「DHEAに高いダイエット効果があって、
体内で作られる、DHEAの量を増やす究極の食材が納豆」


なのだそうです。

それにしても、数日たっているのに、未だに品切れとは!!

きっと一時的なブームなのでしょうが、これまでの常連にとっては
いい迷惑です〜


それにしても、マス・メディアの影響力のすごさを改めて実感しました。

たしか、以前「肌を若返らせる」として紹介されたこんにゃくにも同じような現象が
おきていましたよね〜


こういう現象を考えると、世論をいい方向へ導く、
「質の高い番組作り」がいかに大切か、考えさせられます。

たとえば、 旬なテーマとして「地球温暖化」。

影響力が絶大なメディアだからこそ出来る社会的役割。

もっとフルに活用して、危機的な状況に向かいつつある地球の現状を
一人でも多くの人に認識してもらいたい・・・。


バラエティばかりじゃねぇ〜
posted by akemin at 02:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 情報・通信・メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でも、その納豆ブームが実際はあんな事になってしまいましたね。

おかげでマスコミの流す健康番組全てを疑ってしまうようになりました(疑心暗鬼)。
騒動の収束には時間がかかると思いますが、マスコミの方にはこれを契機に十分反省して頂きたく思います。
Posted by なお at 2007年01月26日 19:54
あってはならない事ですね。
制作者の倫理・意識に怒りを感じます。

ただ、本当にまじめに番組作りに取り組んでいる人たちが多数派である事も信じたいです。
Posted by akemin at 2007年01月28日 13:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。