2007年08月31日

明日から9月!相場も心機一転となるか??

今日で8月も終了・・・

この夏は、各地で40度を超える暑さが記録されるなど、
異常な気候となりましたね。

異常といえば、株式相場も例外ではありませんでした雨

アメリカ発「サブプライムローン」問題が世界の株式市場を
駆け巡り、信用不安が一気に市場を直撃した1ヶ月でしたね。

ぴかぴか(新しい)

続きを読む
posted by akemin at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月24日

正統派ヒーロー、ハンカチの王子様の困惑

apolo_l.jpg

(いきなり「アポロ」が登場した理由は後ほど・・・)

☆☆☆


ハンカチの王子様とは・・・言うまでも無い、早稲田実業のエース、斎藤佑樹君。

連日のマスコミ攻勢に困惑気味・・・

まじめな性格が浮き彫りになる度に気の毒にさえ感じます。

一昔前の正統派ヒーローという感じ・・・。

だからこそその貴重な存在に心動かされる人も多いのでしょう。

ただ、この過熱ぶりはマスコミの異常な煽りも一因ですが。

☆☆☆

それにしてもマスコミの取材力は目を見張るものがあります

ぴかぴか(新しい)続きを読む
posted by akemin at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

株式相場、今後の行方が気になります

今日の東京はどんよりとした天気、小雨が降ったり止んだりしています。小雨

今週の株式相場は、外部環境の悪化(欧米株式、アジア株式相場の悪化懸念・金利上昇・原油高・円高基調・・・etc)が主な要因となってか、軟調でしたね。
(前回の記事で少し触れた不安が的中しました・・・)

しかし、金曜日は一転、日経平均株価は大幅に反発。
19日以来1週間ぶりの水準を回復しました。

前日の欧米株式相場が上昇したことに加え、アジアの株式相場が
この日は堅調で、外部環境の好転を好感した買いが集まったようです。

さて、このまま回復基調に乗っていけるのかどうか?
まずは来週の傾向が気になります。

専門家の間でも中期的に見れば、夏以降上昇気運に乗れるか
それとも低迷基調のままずるずるいくのか、意見が分かれているようですね〜

W杯、自民総裁選とビックイベントが続きますが、どう影響してくるのか
注目です。

犬 こんな天気の日はお散歩中止ですかね〜(マック)
posted by akemin at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月19日

ライブドアショックのはかり知れない影響

「ライブドアショック」・・・ パンチ

18日の東京株式市場は、大波乱でしたね。


「この2日間の値下がり幅は930円弱に達し、新興市場も含めて2日間で
時価総額は37兆円減少した」というのですから、ショック度はかなりのものです。

(私個人のショックも大きすぎて、この話題には触れまいと思いましたが、
やっぱり書かずにはいられません)


加えて、前代未聞の東京証券取引所、全銘柄取引停止。


きっと、マーケット史上、歴史的な1日になったに違いありません。

しかし、「450万株までしか想定していない、システムの処理能力」って
どうなんでしょう。

思わず、「たった400万で取引停止??」と叫んでしまいましたが。


これじゃ、世界の取引所に対して、みっともないというか、情けないというか・・・

日本のマーケットがあらゆる意味でダメージを受けたのは確かです。


そこで、18日の主な方々のお言葉を集めてみました。


日本経団連の奥田碩会長 「ミスった、早まった」

ライブドアが昨年12月に経団連に加盟したことについて、
早過ぎた判断だったとの認識を示したものです。


日本証券業協会の越田弘志会長 

「投資家や株主をないがしろにして利益をあげていたのが事実なら憤りを感じる」 

強く批判。


野村証券の古賀信行社長

「東証の度重なるシステムトラブルは日本の株式市場の信頼にかかわる問題で、
貯蓄から投資への流れが本格化してきた中だけに残念。
早急に市場関係者と協力して、市場の信頼回復に向けて力を尽くしたい」
 



与謝野馨経済財政・金融担当相

「特定企業の特定行為についての捜査だ」と強調し、
景気への影響は「全くないと思う」
 
と投資家に平静を呼びかけた。

そうあってほしいと、切に願います・・・


小泉純一郎首相

「残念だ。東京の株式市場は世界でも注目されているから、
先進国にふさわしい能力を維持していかねばならない。混乱のないよう対応していきたい」
  
と強調。

首相の言葉として、今ひとつ迫力がないと感じたのは、私だけかな〜


自民党の金融調査会・財務金融部会は、19日の合同会議で金融庁、
証券取引等監視委員会、東京証券取引所から事情を聞くとのこと。

今日のマーケットはどんな展開になるのでしょう??

こわすぎっ!!ふらふら

posted by akemin at 04:50| Comment(0) | TrackBack(17) | マーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

「投機」より「投資」 銘柄選びの基準とは?

21日の東京株式市場で日経平均株価は大幅高となり、3日続伸。

一時は取引時間中で2000年10月6日以来5年2カ月ぶりに1万6000円台に乗せた!

終値は前日比316円31銭(2.02%)高の1万5957円57銭と、またまた年初来高値を更新し、2000年10月6日以来5年2カ月ぶりの高値水準を付けたという。
上げ幅は今年3番目の大きさ。



ここにきての上げ相場の要因は、何といっても個人投資家の急増だろう。

手数料を抑えたネット取引の急増が拍車を掛けた。

何といっても、売買高がすごい。ここ数日こそ20億台だが、1週間程前までは、
ずっと30億台で推移していた。

売買高のみに関して言えば、バブル期を凌ぐこの勢いは、
一日に何度も売り買いを繰り返すネットを利用したデイトレーダーの急増が要因だろう。

もちろん、先日、ジェイコム株誤発注で20億稼いだ男性もそのひとり。

「デイトレーダー」といえば、プロ中のプロがその経験と知識を駆使して
稼いでいるというイメージだったが、最近は少し違うようだ。

きのうまで、全く株をやったことの無いような主婦でも、平気で
「今日からデイトレーダー」なんて、気軽に始めたりしている。

世の中の風潮も、「めざせ、デイトレ」「デイトレでかせごっ」なーんて、
甘いキャッチが普通に飛び交う傾向になっているようだし・・・

企業をよく調べもせず、一日のチャートだけを追い、売り買いする姿勢は、
「投資」というより、「投機」という色合いが濃い気がするし、
とても危険だと思う。

私としては、やはり、企業の事業内容をよく把握し、企業業績のチェックは
もちろん、その特色、業界における地位、将来性、さまざまな投資指標などを
吟味すべきと思うのだが・・・最近は株主重視の企業もかなり増えている。

そして、なんといっても、企業トップの声に耳を傾ける事も、必要だと思う。

この経営者ははたして信用できるのか??といったところ。
(ヒューザーの小嶋社長のような方がトップでは困りますもの・・・)

最近では、企業のIR活動が重視されているので、各IR支援会社による
動画による決算発表や、メディアによるTOPインタビューなど、手段は多い。

会社によっては個人向け会社説明会なども行っているので、
こまめにチェックしてみるといいかも。


目そこで最近私がインタビューさせていただいた会社の中で、
印象的だった企業をご紹介します。

三信建設工業株式会社(JASDAQ)です。

地盤改良技術の他に環境浄化技術、構造物の耐震補強及び液状化対策の技術などを
得意としています。

誠実さとエネルギッシュさ両方を併せ持つ稲葉社長の言葉には、重みとパワーを感じました。

インタビューの内容は、三信建設工業のHPとJASDAQのHPにUPされてますので、
一度ご覧下さい。

三信建設工業 トップインタビューは こちら

JASDAQからは こちら

PICT0002s.jpg

インタビュー風景
posted by akemin at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

雰囲気は、バブル期?

5日の日経平均株価は3日続伸。終値は前週末比129円71銭高の1万5551円31銭と、
3営業日連続で年初来高値を更新した。

7―9月期の法人企業統計によると、全産業の設備投資は前年同期比9.6%増の
12兆5644億円となり、10四半期連続で前年を上回った・・・
という財務省の発表も好材料になったよう。

でも、連日の株価高騰の過熱ぶりには、ちょっとした胸騒ぎを覚える。

日本経団連の奥田碩会長は5日の記者会見で、株価が上昇していることに関連し、
「日本全体がバブル期のような雰囲気を持ってきた。
人が買うから俺も買うというムードになりつつある」
との認識を示した。

バブルの苦い経験は教訓になっているはずだが、警戒心があるうちはいいが、
全体的な過熱感に浸り、陶酔ムードに入っていくと、何も見えなくなる。

そこは、しっかりとした目を持ってまどわされないようにしたいものだ。

とはいっても景気の回復には素直に喜びたい。

さて、日本の景気はアメリカのマーケットに左右されると言われる。

今週のニューヨーク株式相場は、ダウ工業株30種平均が
年初来高値を巡る攻防に期待が高まっている。

高値更新なら2001年6月以来4年半ぶりの水準になるそうだ。

そんなアメリカの現状はどうなのか?

実は今日から機会があって数日間LAに行く事になった。
(お仕事の調整に協力してくださった皆様、感謝!!です)

実際の景況感を肌で感じてきたいと思う。

もちろん、このブログでもたっぷりご紹介しますので、お楽しみに!ぴかぴか(新しい)


posted by akemin at 02:11| Comment(0) | TrackBack(1) | マーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

続き

予想通り、きましたねぇ。

18日の東京株式市場で、日経平均株価は大幅高。終値は前日比211円33銭(1.47%)高の1万4623円12銭と、3営業日連続で年初来高値を更新!

今朝のふたご座の金運は〇だったので、目を付けていた不動産関連株を物色。

が、そんな矢先、耐震強度偽造のニュースが!

どう影響するかわからないので、とりあえず購入は中止に。。。

それにしてもわが家は大丈夫なのかなぁ家
posted by akemin at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

ますます勢いづいてますね!

昨日も賑わいましたが、今日も勢いは止まりません!

18日前場の東京株式市場で、日経平均株価は大幅続伸。前場終値は前日比201円86銭(1.40%)高の1万4613円65銭だった。
2001年5月7日に付けた小泉純一郎首相就任後の高値(1万4529円41銭)を上回り、取引時間中で2000年12月15日以来ほぼ5年ぶりに1万4600円台に乗せた。手(チョキ)

さあ、後場はどこまで行くのか?
そして年内は??

今日の午後は仕事の打ち合わせなので、携帯からチェックするつもり。

今日のふたご座は金運はグッド(上向き矢印)
では、行ってきます
カバン
posted by akemin at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。