2006年02月01日

住宅選びの基準は変わるのでしょうか?東京電力とパナホームの試み

「耐震偽造問題」「欠陥住宅」・・・

住まい選びは、一生のうちの大きな買い物なだけに、このような問題が表面化すると、
これから購入する側は慎重にならざるを得ない。

「夢を持った住まい造りをしたい」

そんな方々に朗報??

東京電力とパナホームは、7月に都内で宿泊体験ができるオール電化の
モデルハウス
をオープンする。

両社の提案はオール電化や風と光を効果的に取り込む「エコライフ住宅」

そんな提案に関心を持ち、新築やリフォームを検討する顧客を対象に
1泊2日の体験機会を提供するというもの。


「宿泊体験型オール電化モデルハウス「Switch! House世田谷」は、
東電が所有する世田谷区の用地に、パナホームが 2階建て、
延べ床面積205平方メートルの4LDKの住宅を建築し、運営と管理も引き受ける。

家電や設備機器は松下グループの最新機器を採用し、製品の使い勝手の良さも
浸透させる。」


「BUSINESS TODAY Online」1/31より〜
0131tepco.gif
快適性や住み心地といった提案を実際の生活を通じて理解する仕掛けで、
契約獲得の有力なツールとして役立てていくという。


たしかに、何千万円という、(億の方もいらっしゃいますが)清水寺から飛び降りる位の
覚悟で購入する、夢の住まい。

図面とパンフレットとモデルルーム位しか、選択の基準はなかったですよね。

まして、素人は言われた事をすぐ鵜呑みにしてしまう・・・
(実際、私なんかはすぐ人を信用するのでつい乗せられてしまうタイプです)

今回の一連の事件で、もっと慎重に検討しなくてはいけないと学んだ私たち。
検査機関も信用できないし。

そうなると、期待したいのは、メーカーや提供する側のアイディアだ。

これなら、安心!と思わせる手法を展開してもらいたいもの。
(もちろんきちんと法にのっとったルールを遵守するのは絶対条件ですが)

東京電力とパナホームの試みには期待したいし、他のメーカーの出方も注目したい。

東京電力 http://www.tepco.co.jp/ Yahoo! ファイナンス

家 「オール電化モデルハウス」には、ぜひ宿泊体験してみたいです
posted by akemin at 03:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 建設・不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

ボジョレーヌーボー解禁!より熱く沸いた17日の株式市場

とうとう来ました!
昨日17日東京株式市場で日経平均株価は大幅続伸。
終値は前日比240円92銭(1.70%)高い1万4411円79銭で、2001年5月7日以来、
約4年半ぶりの高値水準に上昇した。
市場参加者が節目として意識していた1万4200円を上回ったことで株価の上昇余地が
一段と広がったとの見方が強まったようだという・・・

もしかすると、あるアナリストが言っていた年内1万5000円期待というのもありうるのかも!

上昇率ランキングの上位には不動産業、証券商品先物、倉庫運輸関連、保険業など
内需関連業種が並んでいる。

私が注目しているのは不動産株。首都圏地価上昇の気運も高まり、マンションなど不動産投資も順調に推移している。
大手不動産関連企業の決算も軒並み好決算のようだ。

ちなみに東証1部の不動産業での上昇率ランキングは、順に
テーオーシー(8841)、住友不動産(8830)、イオンモール(8905)、三菱地所(8802)、平和不動産(8803)・・・と続く。

いきなり不動産株はちょっと・・・という方には、こちら、不動産投資信託(リート)なんかもお薦め。ちょっと眠いモードに入ってきたので、また機会があればご紹介します!夜

posted by akemin at 02:38| Comment(0) | TrackBack(2) | 建設・不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。