2006年05月02日

大切な地球を守るために・・・

GW,みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

それにしても、昨日は暑かったですね?!
東京は30度近くまで気温が上昇した というのですから
おどろきです。

そんなことになるとは知らず、長袖のニットに
コートまで持参して出掛けた私は間抜けでした。

駅のホームで見かけたノースリーブの女性が眩しかった・・・
(私もノースリーブのニットとのアンサンブルだったので、
ノースリーブになろうと思えば出来たのですが、
勇気は出せませんでした・・・)

勇気は別の場面にとっておきます。

しかし今日は一気にマイナス10度だというし、なんだか
変ですよね〜これは・・・

ある種類の生物の異常発生とか、各地で起きていますが、
異常気象が原因なのでは?

気象庁統計によると、4月は「14地点で記録的な日照時間不足」だったそうです。

4月の日照時間が全国的にかなり少なく、とくに北海道と東北では
統計を取り始めた1946年以降、4月として最も少なかったとか・・・

札幌や秋田、奈良など14地点で4月として観測史上最も少ない
日照時間を記録したそうです。

NIKEEI NET より引用

そういえば、気象ではありませんが、何年か前のCSの番組企画で、
環境問題を取り上げた事がありました。

その時はたしか、カリフォルニア近郊の西海岸で、原因不明の病気に
襲われた800頭以上のアシカや、マイアミで発見された突然大量死のクジラの
話などが話題に出ました。

人間による環境汚染・破壊が原因の一部になっているのだとしたら・・・

背筋がぞっとします。

世界の海でのこうした異常な現象の原因は解明されていませんし、
対策もまだまだなされていないのが現状のようです。

私たちの住む、美しい地球の未来はどんな運命をたどるのでしょう。

世界規模での対策が望まれますが、私たち一人一人の
「環境(地球)にやさしい」行いも重要な要素になって来るでしょう。

私の住む地区でもこの4月から、資源ごみの分別がかなり細分化されました。

ペットボトル、プラスチック容器、牛乳パック・・・などなど。

面倒ですが、こういう意識が大事といいきかせてちゃんと分別しています。

同居人には、「ごみおたく」と言われてしまいましたが。

身近な、出来るところから皆で始めれば、その効果は増幅すると思います!ぴかぴか(新しい)
posted by akemin at 03:45| Comment(6) | TrackBack(0) | エコ・環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

ペットはもはや家族の一員ですね〜

それは突然の出来事だった。

マック(ミニチュアダックス)が、お気に入りの場所のひとつ、
ダイニングテーブルに乗ってじゃれていたとき・・・

いきなり視界から消えたのだ!!

そう、何かの拍子にお尻から床に転落!

きゃ〜〜っ大変!!マック!大丈夫??

見ると申し訳なさそうに足を引きずっている・・・

やばい、これは骨折かも。救急車呼ばなきゃ・・・と思っていたら、
ひざのうえでしっぽをふっている。

ん??痛みはないの?次の瞬間、ひざから降りて普通に歩きだした。
も〜〜っ、とりあえず良かった良かった

心臓が縮まる思いとはこういうことですね〜〜

最近、金魚の「太郎」が他界したばかりだったので・・・
(そのときはやはり涙が止まりませんでした。ちゃんとお墓もつくりました)


思わず「犬の保険」を検索してみた。
すっごい数のサイトが出てきた。
どれも綺麗なデザインで飼い主の興味を注ぐものばかり。

この分野でもすでに大きな市場になっているのですね〜

ついでに、お得意の「ペット産業の市場規模」を
調べてみたら、「ペット関連の市場規模は、2004年度で前年比5.8%増の
9,100億円になっており1兆円に迫る規模になっている」
という。

犬の飼育頭数は1,240万頭であり5世帯に1頭飼われている傾向にあるという。(2004年度ペットフード工業会調べ)

少子・高齢化、核家族化、都市化・・・といったところも背景にあるのだろう。
たしかに、自分は節約しても、ペットには財布の紐が緩む・・・という飼い主は多い。
(私も含め)

今後も成長し続ける分野である事は間違いない。

そういえば知人が「ペットの霊園」ビジネスを立ちあげ、
大成功していると聞いた。


目 さて、動物といえば、最近、鳩やすずめなどの大量死が発生していますね。
一部で農薬死である事が判明されましたが、とある局のカメラが、
のた打ち回って泡をふいて息絶えていく鳩の姿を捉えていました。
なんとも残酷です。許せる行為ではありません。
そんな行為をしてのうのうと生きている人間がいると思うと、
とてつもない怒りと虚しさを感じます。

posted by akemin at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

びっくりしたのはこっちです!

画像マック 067.jpg

犬 まさか転落するなんて!
 そそっかしいのは飼い主似!保険もいいけどくれぐれも慎重にネ・・・

2006年04月08日

はらはらと散りゆく桜に心動かされ・・・

「花の命は短くて」
桜の花びらが舞いだしましたね。またそれも美しいのですが。

sakura1.jpg sakura3.jpg 

近所の公園の桜です。(数日前のものですが・・・)

在原業平が詠っています。

“世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし” 

古来から人々が、サクラという花にどれほど心を動かされていたかが
うかがい知れます。

日本人にとって、どんな美しい花よりも、「桜」という花は心のエッセンス、
特別な花かもしれません。すでにDNAに組み込まれているような。

だからこそ、いつ見ても懐かしく、ほっとするのかも。

画像マック 237.jpg 画像マック 244.jpg 

こんなことわざがあります。

「明日ありと思う心の仇桜」

〜明日が有ると思っていると、桜の花のように夜半の風ではかなく散ってしまわないともかぎらない。今日の機会を失うなという戒め。 仇桜とは、儚く散る桜の花の意味 〜

心しておきたいと思います。

画像マック 253.jpg

桜の花言葉は、 「優れた美人」
あやかりたいもの。

はかないがゆえに、その美しさが際立ち、恋しく、待ち遠しい。

来年の桜のシーズンには、どんな自分が「優れた美人」を見上げているのやら。
posted by akemin at 13:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マナーも忘れずにね!

まっく4.4.2.jpg 

犬 お花見はステキですが、あちこちにおきざりになったごみが気になりました。
ぼくははだしで歩くので、いやです。

2006年04月04日

リカちゃんが正式に入社しました

昨日は、多くの企業で入社式が行われましたね。

そんな中、こんな有名人の入社が話題になりました。

玩具メーカー「タカラトミー」の合併後初の入社式に出席した、
身長22センチの着せ替え人形「リカちゃん」。

新入社員25人に加え、正式に入社したそうです。

私も小さいころお家で一緒に遊びました!

(というのは本当ではなく、母に言わせると、
姉は良く遊んでいたのですが、私はすぐリカちゃんをほっぽりだして、
男の子たちと外で走り回ってたとか・・・リカちゃん、ごめんなさい。)

そんなリカちゃんが、新卒で22歳!というのです。
(ん〜っ、かなりサバよんでますね 目

りかちゃん.jpg

入社したリカちゃんは、落ち着いた髪形とメークで大人びた表情だったといいます。

気になるのは、配属先ですが、1カ月余りの研修に参加した後、
広報・IR部に配属される予定。社員番号や名刺も持つそうです。

「広報ウーマン」として、株主総会や記者会見に出ることになるんでしょうか。

こんな強力なPR,IR活動をしてくれる新入社員は例を見ないでしょう。

そんなIR効果が早速出たのか、昨日の「タカラトミー」の株価は
851円と前日比プラス4 円(+0.47%)とわずかながら上昇。

Yahoo ファイナンス 「タカラトミー」

恐るべし、リカちゃん効果!

(とはいっても3日の日経平均株価は7営業日続伸、前週末3月31日比273円65銭(1.60%)高の1万7333円31銭で、2000年7月12日以来の高値を付けたそうです。)

今後、リカちゃんのIR効果が株価に影響してくるのでしょうか?リボン


なにはともあれ、話題性・・・という意味では注目を集めますよね。

「タカラトミー」はたまたま「リカちゃん」という自社のキャラクターを利用したわけですが、こういう遊び心を持ったPRというのも、企業の印象を左右する材料になれば、
他社も見習うところはあるのかもしれません。

タカラトミー http://www.takaratomy.co.jp/
posted by akemin at 02:08| Comment(1) | TrackBack(2) | サービス・娯楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

今年の新社会人に期待したいけれど・・・

4月に突入!新年度のスタートです。

街で真新しいスーツに身を包んだフレッシュな社会人1年生を
見かけると、さわやかな気分になる。

私もがんばらなくっちゃ!


さて、担当番組で取り上げた新入社員に関する話題を。

社会経済生産性本部が実施した2005年度新入社員の意識調査によると、
こんな結果が出た。

処遇や仕事のあり方においての意識は、 「保守化・安定志向」
上位を占めたという。

現在主流の、能力主義的な給与体系や昇格を希望する者の減少傾向が続き、
年功的な処遇を希望する割合が高まっている
・・・との事。

20代の若手経営者の率いるベンチャー企業が珍しくないだけに、
意外な気がした。

あるいは、格差社会の到来に対する拒否反応か・・・

成功の道を歩む若手企業家がクローズアップされ、若者は皆そういう上昇志向なのかと思いきや、そういう方はごく少数で、大多数は安定志向なのかもしれない。

かつての終身雇用・年功序列体制を理想としているのか?


そして、一方で気になる調査結果も。

日本商工会議所が全国各地の会頭に実施した、
今の若者に身に付けて欲しい能力についてのアンケート結果によると、
ダントツの首位が「忍耐力」だったそうだ。

参考のために、2位は気力・努力・精神力。3位は想像力


総合すると、労せず安定した収入の確保を望む覇気の無い若者が
標準の姿として浮かび上がってくるような気がして、危機感すら感じる。

同じ安定志向とはいえ、かつての高度成長時代を支えた方々の意識とは
まるでかけ離れている事は間違いないようだ。

そういわれてみると、私の周りの20代前半の人たちも
言われた事だけをただこなし、意外に存在感がなかったりする。

まぁ、人は見かけによらないので、内部に秘めた闘志を持っているのかも知れないが。

せっかく雇用に関する指標が上向きだしたようなので、
あとは、若者の意識改革が必要になるのかな。

<参考>
2月の完全失業率4.1%、0.4ポイント低下

2月の有効求人倍率1.04倍、0.01ポイント上昇

タイゾーせんせいあたりがきっとやってくれるでしょう!!(笑)
posted by akemin at 15:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

桜の季節ですね

桜のつぼみも日を追うごとに膨らみ、関東では五分咲きだそうです。

ということで、気分一新、当ブログのデザインも変えてみました。

とはいってもseesaaで用意されているテンプレートから選んだだけなのですが・・・

素人でも色々遊べる仕組みになってて、便利ですよね。

つくづく、Blogってすごいんだなぁ・・と思ってしまいました。

いかがでしょ?かわいい
posted by akemin at 22:14| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市町村「大合併」の影響

実家に荷物を送ろうとコンビニに持って行き、住所を記入したら、
端末でチェックしていた店員が、「その地名は、〇〇市になってますよ」とひと言。

そういえば、お正月に帰った時に、父が 「町が合併して市になる」と
言っていたような・・・。

この3月末までに合併すると、財政面で国からの優遇措置が受けられるとあって、
駆け込み的に合併した市町村が多いという。

結果、市町村数が全国で1821となり、なんと4割も減少すると
いうのだ。

昨日の日経新聞の夕刊でも取り上げていたが、合併によって、
公共料金や税金が変更、負担増になるケースも少なくないという。

記事によると、合併により、一般ごみなどの料金は下がるケースが多いが、印鑑証明や、
高齢者が日帰りで通うデイサービスなどは、高い自治体に一本化される傾向にあるという。

そんなしわ寄せが暮らしにじわりと響いてくると何のための合併なのかと思ってしまう。

大きな単位になることで、様々なメリットももちろんあるのだろうが、
地域独自のきめ細やかさが失われはしないのかと危惧してしまう。

それと心情的に残念に思うのは、地名の問題だ。

うちの実家のある地域はかろうじて地名は残ったが、消えたり変わったりする地域も多い。

慣れ親しんだ地名が無くなるとしたら、その土地で育った思い出も薄れてしまうようで、寂しい気がする。自分の生まれ故郷が昔のままの名前で語り継がれなくなってしまうのだから。

私は、日本の田舎の象徴でもあった「村」という響きがすごく好きだった。

実家のある辺りは「町」ではあったが、雰囲気は限りなく「村」に近かった。

その「町」や「村」が減少し、「村」が無くなる県は、新たに11県になるという。
「村」という存在を知らずに育つ世代が今後増えるのだろう・・・


父に電話して聞いてみた。

「合併で、少しは町も裕福になるんじゃない??」

すると父は、「とんでもない。裕福な隣の〇〇町は、合併に参加しないのだから」

なんと、そんな落とし穴もあったのか・・・

ますます不安になった。

posted by akemin at 02:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

拡大してます!WBC 王Japan効果

WBC,王Japanの感動の勝利から一夜、日本中の興奮はおさまらないようですね。

日の丸を背負っての戦いは、私たちの想像を超えたプレッシャーが
あったと思います。それを乗り越えての勝利は格別なものなのでしょうね。

イチロー選手の少年のような表情がすべてを物語ってくれていました。

ステキです!


その王Japan効果は、早速経済面にも出ているようです。

夕方の地上波がやっていたニュース番組内の特集によると、
まず、王Japanのユニホームの売れ行きがすごいそうです。
(ミズノの株も小幅ながら上昇していましたね)

それから、平日にもかかわらず、バッティングセンターに訪れる人が
今日あきらかに多かったとか・・・

にわか野球関連商品がヒットしそうですね。野球

今回の優勝で「野球」に憧れ、初めてバットを握る子供たちが
増えたら嬉しいですね!

世界一の監督、王さんを擁するソフトバンクが色々な意味で
追い風になる事は間違いないでしょう。


普段は野球に全く興味を示さなかったうちの同居人が
テレビにかじりついて見てたのには驚きでした。

これまで野球に縁が無かった人に興味を抱かせるきっかけにも
なった事は確かです。
posted by akemin at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。